鬱 on the beat

VELTPUNCHのナガヌマによる日記的ななんとか
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

「りんご」って10回言って!「いいよ。りんごりんごりんごりんごりんごりんごりんごりんごりんごりんご。」「なんか、楽しくない?」「えっ......うん。」

「あっ、ベルパンも入ってるんだね。」

 

かれこれ30分程度イヤホンをしながらスマホをいじっていた久美が突然大きな声で話し掛けてきた。

 

「何に入ってたの?」

「えっ、何?」

「だから、何に入ってたの?」

「えっ、全然聞こえない!」

 

だったらイヤホンを外せ!自分から話しかけてきたくせに!と、多少ムカついたが、しょうがない。久美は美人だし、一人っ子だし、年下だし、付き合ってまだ1ヶ月だし、まるで「鍋の中の絹ごし豆腐」ぐらい丁寧に扱ってきたら、すっかり人間関係のマウントを取られてしまったのだ。

今さら「些細な事でキレる権利」など俺には与えられていない。

 

俺は目をつぶって大袈裟に「な・に・に?」と口元を動かした。

 

「あ〜。 Apple Musicだよ。昨日から『お試し版』に入ったの。」

 

久美はそう言って、ようやくイヤホンを外してくれた。

久美が言っているのは最近流行りの定額制の音楽聴き放題サービスの事だ。

 

「へぇ、 VELTPUNCHの曲も聴けるって事?」

「そうだよ。ほらっ。」

 

確かに俺のバンドの曲も取り扱いがあるようだ。

俺はミュージシャンでありながらこの手のサービスをまだ試していない。特別に抵抗があるという訳ではないが、なんか、今まで時間と金を掛けて少しずつ集めてきた「お気に入りの音楽達」が指先一つでいつでも聴けちゃうという事に寂しさに似た感情を抱いてしまったのだ。

 

例えるなら、2年間ほど遠距離恋愛を続けてきた彼女が突然マンションの隣の部屋に引っ越してきたような感じだろうか。

…ちょっと違うか。

 

便利なのは分かる。素晴らしいサービスである事は分かる。でも「まだいいかな。」という気持ちで、俺はパンドラの箱を開ける事を躊躇しているのだ。

 

「どう、便利?」

「便利。便利。これでもうCD買わないかもね。」

「一応俺もミュージシャンなんだけど。」

「えっ、だから?」

「だから、CD買わないという一言はキツイのよ。」

「そうなの? だってCD買うほど好きじゃない人にも聴いてもらえたら良いじゃん。」

「それは一理あるけど。でも、こういうのはミュージシャンに分配される金額が少ないだろうから、これだけになったらミュージシャンは食べていけなくなっちゃうと思うよ。」

「長沼君、普通に仕事してるから大丈夫じゃん。」

「いや、だから俺だけの話をしているんじゃなくて ... 。」

「じゃあ、何? 宇多田ヒカルが心配だっていうの?」

「いや、いや、あのレベルは死ぬほど金持ってるだろうから大丈夫だろ。」

「じゃあ、どのレベルがヤバいの? 具体的に言ってよ。」

「言えるかよ!今後あのアーティストは食べていけないね!って断言できる訳ないだろ。」

「じゃあイニシャルでいいから。」

「はぁ!人名じゃなかったらどうするんだよ。『Mターチルドレン』とか『Sピッツ』とか言えって言うの? 『X JAPAN』とか、どうイニシャルにするんだよ。」

「『X J パン』でいいでしょ!」

 

こんなふざけた事を真顔で言ってくる久美の事を時々「本当にヤバい奴」なんじゃないかと思う事があるのだが、先ほど書いたように久美は美人だし、一人っ子だし、年下だし、付き合ってまだ1ヶ月なので、できるだけ肯定的に良い所だけを見ていこうと努めるようにしている。

 

これは偏見だが、人付き合いが上手な人とは、要は「鈍感な人」か「我慢強い人」なんだと思う。「鈍感な人」ではない俺はできるだけ我慢強くなれるように努力するしかないのだ。

 

これは「ミュージシャンの彼氏と付き合っている女性の音楽に対する気持ちを聞いている」のではなく、「今どきの一般リスナーの音楽に対するニーズをマーケティングしている」という風に気持ちを切り替えて俺は話を続けた。

 

「でも、本当に好きなアーティストのCDだったら欲しいでしょ? 歌詞カードとかも大切じゃん。」

「それは『お布施』的な意味で買うやつでしょ。でも、正直言って今はいないかな〜。 BIGBANGも飽きてきたしな〜。」

 

確か、久美がBIGBANGにハマったと騒ぎ出したのは 2 週間前くらいだったはずだ … 。

 

「でもね、やっぱりCDは金出して買った方が良いと思うよ。」

「なんで?」

「それが好きなアーティストの活動を支えてるからだよ。」

「だったら、支えたいほど好きじゃなかったら買わなくても良いって事でしょ?」

 

…若いだけあってさすがに頭の回転が早い。

なんだか凄く上手いけど意地悪な人と卓球をしている気持ちになった。

こっちはラリーがしたくて出来るだけゆっくりと相手コートに球を打ち返しているのに、向こうは隙あらばスマッシュを打ってくる。

 

「いやいや、それだけじゃなくて、せっかく金出して買ったアルバムとかって、初めはあまり好きじゃなかった曲でも何回も聴き返して、だんだんに好きになっていくパターンってあるでしょ?」

「スルメパターンね!」

「そうそう。あれが重要なんだよ。 何曲でも聴き放題だったら、そんな経験って少なくなると思うんだよね。」

「確かに。」

「人間関係もそう。表面的な印象だけで付き合いを始めるんじゃなくて、職場とか学校とかでも一緒にいる時間の中でだんだんと見えてくる相手の良いところとか、情とか、そういうのあるでしょ? いつの間にかどんどん好きになってるパターンのやつ。」

「あるある!」

「でしょ〜。音楽だってそうなんだよ。」

 

ようやく説得が出来たと思った。俺は音楽業界を代表して「古き良き何か」を守りきり、ついでに彼氏である俺の事を大切に扱うようにと刷り込む事にも成功したのだ。

 

久美は再びスマホをいじりはじめた。

どうせ LINE か twitter かパズドラをやっているのだろう。

俺はどうやってここからエロいモードにもっていけるのか、何パターンものシミュレーションを重ねていた。

 

寒いといって体を近づける …いや、だったら服着たら!と言われてしまう。

眠いと言って体を近づける …いや、だったら寝たら!と言われてしまう。

寂しいと言って体を近づける …いや、ウサギかよ!と言われてしまう。

なんか良い匂いするね!と言って体を近づける …いや、そのタイミングで久美がオナラをしてたら、とんでもない変態だと思われてしまう。

 

「あのさ、さっきの話しだけどさ … 。」

 

急に話しかけられて、俺はマンガみたいに「ビクッ!」となった。

 

「何?何?」

「さっきの話。」

「 Apple Musicの?」

「そう。だけど後半のスルメの話。」

「スルメ?」

「アルバムの中で聴き返していくうちに好きになる曲があるって言ったじゃん?」

「うん。」

「でも、なんど聴き返しても好きにならない曲だってあるよね。」

「まあね。」

「あと、好きだったけど飽きちゃう曲だってあるじゃん。」

「そりゃね。」

「さっきの人間関係の話で例えたら、CDアルバムを買う事が普通の結婚だとしたら、Apple Musicは結婚したら相手と同じ名字の人とはいつでも交換OKっていうぐらい便利だと思うの。」

「ごめん。話が飛躍し過ぎてて全然分からない。」

「だから、普通の結婚は相手の良いところも悪いところも受け入れて、長い時間を掛けて愛着とか、情とか湧いて、夫婦の絆が強くなっていくんだろうけど、やっぱり合わなくて離婚する夫婦もいるでしょ。」

「うん。普通の結婚はね。」

「でもApple Music婚だったら、日本中の長沼という名字の人とはいつでも浮気したり、パートナーを交換したりできるの。つまり、愛着とかが湧く前に相手を交換しちゃう事が多くなるけど、嫌いになる前に分かれる事も可能なわけ。」

「そう言われちゃうと、魅力的だね。」

「良いでしょ。Apple Music婚。だって嫌いになる前に取り替えちゃえば良いんだよ。」

「いいね。婚姻届1枚で、浮気し放題。みたいな。」

「かなりゲスなキャッチコピーだね。」

「あっ、でも苗字縛りって厳しく無い?」

「なんで? それぐらいの制約はあるでしょ。Apple Musicだって入ってない曲もけっこうあるみたいだよ。」

「だって、絶対数の多い『佐藤』『鈴木』『山本』辺りがモテモテになるでしょ。交換できる確率が高くなるんだから」

「そっか! 佐藤だったら『健(タケル)』と『浩市』を一晩ずつローテーション化できるんだ!」

 

何かにひらめいた久美はカレンダーアプリを開いて、日付ごとに『健』と『浩市』のどちらかを入力していくという謎のスタメン作りをはじめた。

 

「あの〜。」

「何? 今忙しいの!」

「あの〜。」

「あ〜!黙って!」

「……実際は無いからね。そんな制度。」

 

まあいいか。「土日とも『浩市』だと疲れるかな〜?」とか訳のわから無い事を言って盛り上がっている久美を横目に、俺は俺の作った音楽が無料に近い状態でバラ撒かれている現状をなかなか飲み込めずにいた。

 

せめて、アルバムを無料配信で聴いた女の子とは後日1回だけデートができるというぐらいの著作権を与えてもらえ無いだろうか? JASRACさん…。

 

 

■今日のBGM145■

「THE NEWEST ROCK」VELTPUNCH♪

 

◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎

チケット絶讃発売中!お求めの方は是非お早めに!

 

 

2017年4月1日(土)@下北沢SHELTER

 

【出演】

VELTPUNCH

zArAme

BP.

 

前売り¥3,000

open / 18:00

 

チケット:イープラス

◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎

 

 

 

 

- | permalink | - | -

VELTPUNCH 「ミニスカートキラー」

 VELTPUNCH

「ミニスカートキラー」

作詞 / 作曲:長沼秀典

 

これっくらいのお弁当箱に詰め込むんだ「愛」っておかずを

ホテル代は半分半分 今日も割り勘

嗚呼 なんてこったい

最低!

 

Dive in to the skirt 

嗚呼 土竜なんです easy action

十字キーで一切合切を動かすんだ one direction

 

ほら 夕刊 朝刊も休刊だった

 

It's all right

That's all right…and you are the stupid

Don’t do it

Don’t kick it…and you are the stupid

It's easy

Take it easy…and you are the stupid

Don’t kiss me

Don’t kiss me…Don’t kiss me

Stop !

 

ミニスカートキラー 左右対称の人生

ミニスカートキラー 黒く染まった stupid

ミニスカートキラー 腐る寸前の風景

ミニスカートキラー 赤く滲んだ stupid

 

コミュニケーションは十分に人生変えるようなビッグバン

 

偶然の産物を芸術と偽って

才能と言うには粗末な音楽

生い立ちが商品になり得るような特別な不幸もない

 

ミニスカートキラー 理解不能な音楽

ミニスカートキラー 白く光った stupid

ミニスカートキラー 主従関係をキャンセル

ミニスカートキラー 二重螺旋の真実

 

ずばり願望は金銭と空虚を満たすような

 

ミニスカートキラー 左右対称の人生

ミニスカートキラー 黒く染まった stupid

ミニスカートキラー 腐る寸前の風景

ミニスカートキラー 赤く滲んだ stupid

ミニスカートキラー 酷く傷んだ stupid

 

生徒会長になるような誠実じゃない人間

ティッシュペーパーがゴールなら 人生はゴミのような


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


VELTPUNCH ニューシングル『Shandygaff in the cold glass』

2015/9/30(Wed) 配信限定リリース


【収録曲】 

01. Shandygaff in the cold glass 

02. ミニスカートキラー 


品番:EVOL-1061 価格:1曲:¥250tax in)〜 

発売元:EVOL RECORDS / MOONSHINE Inc.


【配信サイト】

indiesmusic.com / iTunes Store / Amazon Music / music.jp / oricon / Tapnow / mora / レコチョク など

- | permalink | - | -

VELTPUNCH 「Shandygaff in the cold glass」

 VELTPUNCH

Shandygaff in the cold glass

作詞 / 作曲:長沼秀典

 

花瓶を置いてみた

飾る花なんて何もないけれど

見飽きた風景にあなたの匂いがこびり付いている

 

ただいま

虚しく響く

あの日から飲みかけのシャンディーガフ

 

君が欠けた部屋の中

 

ギターを弾いていたら思い出したんだ あの日の事を

「帰りたくない」って

気付きたかったヤレるサインに

 

さようなら

悲しく響く

崩れた 音も立てず

 

簡単な数学の問題のように答えが出てれば

僕達の十代はあんな筈じゃなかった

 

Frankie said good bye

さらけ出す本能 溢れ出たけど

その目を逸らしても目の前の今日が光る訳じゃない

 

おはよう

ほら目の前に

夜明けが もうやって来た

 

真っ白のスニーカーで踏み外したんだ

手紙と共に向日葵を送るなんて 僕らしくないか

 

「愛犬トイプードルとお休みの日はカフェを巡るの。」って

嗚呼 そんな女子達と何を話せば良いんだろう

 

やや敏感に

何言ってるの?

嗚呼 馬鹿ばっかりで

偽りの自由なら

その延長が

ただ憂鬱に

日々現実は

いま何を狂うのか...


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


VELTPUNCH ニューシングル『Shandygaff in the cold glass』

2015/9/30(Wed) 配信限定リリース

【収録曲】 

01. Shandygaff in the cold glass 

02. ミニスカートキラー 

品番:EVOL-1061 価格:1曲:¥250tax in)〜 

発売元:EVOL RECORDS / MOONSHINE Inc.

【配信サイト】

indiesmusic.com / iTunes Store / Amazon Music / music.jp / oricon / Tapnow / mora / レコチョク など



- | permalink | - | -

VELTPUNCH 言い訳企画 傑作選

どうもVELTPUNCH 長沼です。

この度は7/19のワンライブチケットを取り損ねた人達用に企画されたTwitter言い訳企画に対し本当に沢山の投稿を頂きありがとうございました! 


どれも本当に素晴らしく酷い言い訳ばかりで感動しました!


しょうがない!確かにVELTPUNCHのチケットを取るどころの話しじゃない!

と、すっかり納得させられてしまった個人的傑作10作と、それに対する突っ込みをここに紹介させていただきます。


ライブ御招待の賞品は1名様限定なので、優勝者の方に直接ダイレクトメッセージを送らせていただき、その方がライブ参加希望の返信をいただいて決定とさせていただきます。



■てぃもん さん

すみません。獄中にいたので、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>しょうがないです。何の罪を犯したのか知りませんが、ゆっくりと償って下さい。


■練馬のゲンセンカン主人 さん

すみません。このような企画が今回はあるだろうと予測していたのであえて、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>マジですか!読まれていましたね。次回からはバレないように気を付けます。


■ルーザー さん

すみません。キン肉マンの新しい超人を考えていたら、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>まだですか?いったい何年考え続けているんでしょうか。ゆでたまご先生ですら、もう考えていないと思いますよ。


■capsulius さん

すみません。9回2死までノーヒットノーランを続けていたので、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>当然です。目の前のバッターとの駆け引きに集中して下さい!


■西山田 さん

すみません。無職になり家も失ったのでそれどころじゃなくて、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>掛ける言葉もありません。とりあえずハローワークに行って求職活動していただいて、仕事が決まってから来て下さい。


■たかしぃ さん

すみません。同級生が福岡グラフの壁が破壊されていたのに未だに怒っていて自分の好きなバンドが壊したとか言えないなぁ恐いなぁとか思っていたら、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>なぜ知ってる?8年前くらいに姫野さんがライブ中に福岡グラフの壁に突っ込んで破壊してしまった事を!お客さんも数えるほどしかいなかったはずなのに...。まさかあの中にいたとか!


■さか(みうら) さん

すみません。ロッピーの前で反復横跳びしていたので上手く中央に来た瞬間でボタン押せずVELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>もう、どうしようもないです。そもそも今回は「ぴあ」と「e+」のみの取り扱いだったので、上手くボタンを押せた所で「取り扱いなし」になっていましたよ!


■mocho さん

すみません。あいにく終日金縛りでして、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>動けるようになったら霊媒師さんに相談して下さい。


■zzZ さん

すみません。コンビニのレジの女性が僕のうまい棒(大人味)を中々スキャンしてくれず、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>下ネタが酷いです。しかもzzZ さんの投稿はオール下ネタの徹底っぷり!その職人的な気質は見上げたものですが、矛先を間違えるとセクハラで捕まるので気を付けて下さい。


■埼玉県港湾公社 さん

すみません。お菓子のパッケージに気を取られて、VELTPUNCHのチケット取り損ねました。


>病気です。イタリアの高級靴ブランドや真っ赤なスポーツカーでも同じ症状が出る事があるので気を付けて下さい。中学生の頃の俺も同じ症状に苦しみました。



以上




VELTPUNCH ニューシングル『(OAO)』
2015/6/24(Wed) 配信限定リリース
【収録曲】 
01. LET IT DIE (OAO) 
02. BENCH WARMERの逆襲 
03. シーズンインザスリー 
品番:EVOL-1059 価格:1曲:¥250(tax in)〜 
発売元:EVOL RECORDS / MOONSHINE Inc.
【配信サイト】
indiesmusic.com / iTunes Store / Amazon Music / music.jp / oricon / Tapnow / mora / レコチョク など

- | permalink | - | -

VELTPUNCH 「シーズンインザスリー」

VELTPUNCH
シーズンインザスリー
作詞/作曲:長沼秀典 

 
失笑 厄介 本日も曇天なりけり
振動 逆走 三回に一回は失敗だ
欠点 改善 反対の反対の反対
New wave to fake 忠実に快楽と共存する存在だ
 
感動的で全米が涙したフィクション
僕らにとって退屈で惨忍なアクション
 
時間を忘れて
何かに怯えて
蜘蛛の巣くぐって
冷たいコーラで一杯
You never let me down
 
絶望感が蔓延する最低なビジョン
空軍だって爆撃を躊躇するミッション
 
踵を潰して
言い訳考え
他人を交えて
陸上競技のような退屈さ
 
餌箱探して
頭を回転
グルグル回って
信号待つたび 今日もサラウンドな情景
 
I have to breathe
la la la You don't have to breathe
There must be the season
la la la You can't stop those seasons
女子校の教師 一度くらいはやってみたいな
もうバンドなんていいや!
誰がロックスターになって家を建てたっていうんだ?
 
抽象的で曖昧なる真実に対し
グー チョキ パーで人生の選択をするよ ハイ!
暴力だって最大の防衛法なんで
いま 最低限の流血はどうしようもないよ
 
約束守らず
相槌打つだけ
次第に枯れていく古びたseason
 
I have to breathe
la la la You don't have to breathe
There must be the season
la la la You can't stop those seasons
ルールなんて無いさ 一度きりの人生なんだ
そう 馬鹿になっていいじゃん 
もう 待ちに待ったseason
la la la four seasons
 
I go to loser’s studio
You listen to the radio
can't find the season every day
 
流行の音楽だとか
パンケーキが美味いカフェだとか
バリ島で過ごす休日とか
 
I won't see you
Let it kick me now
baby understand ?
I won't see you
Kiss me tonight
baby understand ?
 
I go to loser’s studio
You listen to the radio
can't find the season every place
 
最新のアイドルだとか
自己啓発セミナーだとか
キャンプ場で見る星空とか
 
もういいよ...  


VELTPUNCH ニューシングル『(OAO)』
2015/6/24(Wed) 配信限定リリース
【収録曲】 
01. LET IT DIE (OAO) 
02. BENCH WARMERの逆襲 
03. シーズンインザスリー 
品番:EVOL-1059 価格:1曲:¥250(tax in)〜 
発売元:EVOL RECORDS / MOONSHINE Inc.
【配信サイト】
indiesmusic.com / iTunes Store / Amazon Music / music.jp / oricon / Tapnow / mora / レコチョク など
- | permalink | - | -

VELTPUNCH「LET IT DIE (OAO)」

VELTPUNCH
「LET IT DIE (OAO)」
作詞/作曲:長沼秀典
 
Did you listen to my song 
ただ息を切らして
夢にまで見た東京で煙ふかしている
I try to send you SOS
ただ乱れたいんだSEX
振り切った十代の空振りはいいとして ...FUCK !
 
Tell me how you understand it
Tell me why youll never forget it
Tell me why youll never forgive
 
Waste of time
but I will wait for
the strange stories that you write
 
1分間呼吸をしないで
昨日の反省が活かせない
緊張感も躊躇もなくて
理想は完全に崩れた
(OAO)(OAO)
 
Did you listen to my song ?
持て余す沈黙も
舌を出すジェスチャーで誤魔化していたいんだ
You try to send me SOS
もう義務のようなSEX
気の毒な僕チンの愚痴を聞いて欲しいだけ ...FUCK !
 
絶対 禁止 赤信号 横断 
 
Tell me how you understand it
Tell me why Ill never forgive
 
Clap your hands
but I won't smile for
冗談半分 心臓 Bang ! Bang ! Bang !
 
失敗作を百個作って
乾いた風景にはめ込んだ
もったいないお化けと僕は
「希望」も「絶望」も捨てないよ!
(OAO)(OAO)
 
I'll try to send you SOS 
ただ乱れたいんだSEX
You send me SOS 
退屈なもんさSEX




VELTPUNCH ニューシングル『(OAO)』
2015/6/24(Wed) 配信限定リリース
【収録曲】 
01. LET IT DIE (OAO) 
02. BENCH WARMERの逆襲 
03. シーズンインザスリー 
品番:EVOL-1059 価格:1曲:¥250(tax in)〜 
発売元:EVOL RECORDS / MOONSHINE Inc.
【配信サイト】
indiesmusic.com / iTunes Store / Amazon Music / music.jp / oricon / Tapnow / mora / レコチョク など

- | permalink | - | -

VELTPUNCH「BENCH WARMERの逆襲」

VELTPUNCH  
BENCH WARMERの逆襲」
作詞/作曲:長沼秀典
 
無神経な性格が不幸中の幸いで
良いニュースと悪いニュース
君を想ってのマスターベーションなんてしないよ...真面目なんだ
 
不公平なもんなんです
世の常ってもんなんです
金持ちのボンボンが生活費稼ぐ必要ねぇから 芸術家になり 暇つぶししているんだ
...ほらっ!
 
街に響く 子供向けの音楽が
耳を塞げ サビが来るぞ ここから
 
実際 僕のは掃いて捨てるような十代だったな
悪いけど 正直言えば君の顔なんて思い出せそうもない
 
あの日も I'm just a bench warmer
今でも I'm just a bench warmer
あの日の I'm just a bench warmer
今でも...
 
不感症のスーパーマン 日本列島縦断中
地震も 火災も 人災も 何もかも一切無視して飛んでいった
無関心のカーテンと好奇心の望遠鏡
隠れて 覗いて
下半身露出した黄色いクマさん...ハチミツ好きなんです
 
雨音が掻き消す僕等の沈黙 白けた十代だったな
どうせなら Good bye sorrow
飲み干すメローイエロー
ほら losing last night
もう一度
実際 僕のは掃いて捨てるような十代だったな
今さらノイズの中で君の声だけがリフレインするんだ
「さよなら...



VELTPUNCH ニューシングル『(OAO)』
2015/6/24(Wed) 配信限定リリース
【収録曲】 
01. LET IT DIE (OAO) 
02. BENCH WARMERの逆襲 
03. シーズンインザスリー 
品番:EVOL-1059 価格:1曲:¥250(tax in)〜 
発売元:EVOL RECORDS / MOONSHINE Inc.
【配信サイト】
indiesmusic.com / iTunes Store / Amazon Music / music.jp / oricon / Tapnow / mora / レコチョク など
- | permalink | - | -

串カツ美味っ!

 9月23日に大阪で行ったライブに来て下さった方々、本当にありがとうございました。

長沼秀典:ヴォーカル & アコースティックギター
ナカジマアイコ:ヴォーカル & ピアニカ & 鉄琴 & タンバリン & マラカス
フクザワ:ライブペイント

という編成で、VELTPUNCHの曲を中心にカバー曲も織り交ぜてたっぷり演奏させていただきました。

普段のバンド編成とは違った雰囲気で、好きな曲をたっぷり歌うというのもなかなか気持ちの良い時間でした。東京編はまだチケットが残っているみたいなのでお時間のある方は是非宜しくです!

9月23日@大阪 新町cafe room「意味が無いという意味」
セットリスト

1.   Killer smile

2.   The sweetest

3.   Time after time

4.   大阪

5.   我ガ心ニ向日葵ハ咲カズ

6.   H.A.N.A.T.A.V.A

7.   CRAWL

8.   tonight tonight

9.   Black star

10. HINOIRIのテーマ

11. Fighting pose

12. 2月/February

13. 百人町

14. There she goes

15. クライマーズハイ


フクザワ3


2013/10/9(wed)@下北沢440
フクザワ企画 「無礼講」
フクザワ×長沼秀典・ナカジマアイコ(VELTPUNCH) / フクザワ×星羅 
(※当日は長沼とナカジマのみの出演となりますが、VELTPUNCHの楽曲を中心に演奏する予定です。)
open 18:30 / start 19:00  adv¥2500 / door¥3000
e+ (※8/31〜より一般発売)
info:下北沢440

- | permalink | - | -

俺 in ホテル

 遼子と初めてラブホテルに行った。

「営業マン」と「取引先の会社の受付嬢」として出会って、初めて会話をしたのが確か2か月くらい前だったと思う。奥手な俺にとっては少々早過ぎる展開に戸惑うばかりだ。

「失礼ですが、うちの吉田から聞いたんですが、長沼さんってバンドやってらっしゃるんですか?」

そんな当たり障りのない会話がきっかけだったと思う。

「あっ、はい。 実はそうなんですけれど.....まぁまぁ、趣味に毛が生えた程度の活動ですよ。 ....お恥ずかしい。」

俺は仕事上の人間関係にできるだけバンドの話を持ち込みたくないと思っている。もちろん会話を盛り上げる為のネタや、自分に興味を持ってもらうための武器としてその話題に触れることはあるが、自分から積極的に「バン ドやってるんですよ!」「僕のバンドの曲を聴いて下さい!」「よかったらCD買って下さい!」「是非ライブに来て下さい!」等と宣伝する事は絶対にない。過剰に興味を持たれて歌詞の内容やら、このブログの存在やらを知られてしまうのも色々とマズいし...。そもそも社会には「バンドマンは不真面目な奴が多い!」みたいな偏見を持っている人も少なくないので、仕事上にわざわざ自分が不利になるかもしれない情報を持ちだそうとは思わないのだ。

では、なぜ吉田さんにVELTPUNCHの話をしたのかと言うと、吉田さんはFUJI ROCKの時期になると必ず有給休暇を取る事で有名な、通称「ROCK馬鹿」と呼ばれているような人だからだ。

遼子からバンドの話題を振られた時は、どうせ「私も音楽が好きで、最近サカ○クションのCDをTSUTAYAで借りたんですよ!」ぐらいの話をしてくるだろうから、それに合わせた感じの対応をすればいいだろうと、そんな程度のやりとりしか期待していなかった。しかし、実際に話をしてみると90's初期のUSオルタナ系の良質なバンド名がポンポン飛び出してきたので、「えっ、えっ、なんでそんなに詳しいの?」と、すっかり彼女に興味を持ってしまった。

「兄の影響で聴いてたんですよ....って言うか、聴かされてた!家が狭かったから、勉強部屋も一緒だったんですよ。私は普通にMステに出てくるアーティストとか聴きたかったんですけど、テスト勉強している横で、ずっとダイナソーJr.とかソニックユースとかが流れてたんですよ。年頃の女の子にとっては酷い環境ですよね。」

「いやいや、最高じゃん! あっ!」

「あっ、やだ、汚い!」

俺は興奮のあまり遼子に唾を飛ばしてしまった。

「あぁ、すみません。今ハンカチ出します。」

「あははっ。長沼さんって面白い人ですね。音楽の話をすると急に子供みたい!」

俺はModest MouseとBuilt to spillのCDを、遼子はMudhoneyとPavementのCDを貸し合いっこをしようという「クラス替え直後の中学生」のような約束をして、その日は遼子の会社を後にした。


2日後、俺は歌詞カードの間にプライベートのメールアドレスを書いたメモを挟んだCDをこっそりと手渡しした。

「こないだ話したCDです。良かったら聴いてみて下さい。」
と普通に言ったつもりが、インタビューに答える中森明菜のモノマネをする友近くらいの声の大きさになってしまった。

社会人として「取引先の美人受付嬢に手を出す」という行為が大きなリスクを伴う事くらいよく分かっている。罪悪感やら、後ろめたさやら、恥ずかしさもあって、遼子へのアタックはいつもコソコソと隠れるように行なっていた。ただ、互いにそんな状況に興奮を覚えていたことも確かである。

遼子の会社に行った時に受け付けにいる遼子に向って「いつもお世話になっております。」と挨拶すると、なんか股間がムズムズした。取引先の美人受付嬢に対して「いつもお世話になっております。」というのが、実は下半身の方もお世話になっております!的な事になったら、こんなのもうエロビデオの世界の話じゃないか!と思ってしまった。

そして今日、いよいよそんなエロビデオみたいな状況が現実になろうとしていた。

ホテルはバリ風のインテリアで統一されたリゾートホテルのような作りで、ベットの大きさも申し分ないサイズだった。いかにも人工的な波の音と小鳥のさえずりがBGMとして流れていて、遼子も満足そうだった。

スーツを着ている時は敬語なのに、二人きりになった途端にタメ語になる。こんな程度の事でさえ新鮮でドキドキする。

「汗かいたから先にシャワー浴びてくるね。」

遼子はシャワー室に消えた。


.....などという妄想をしながら今日も取引先のA社に行くと、相変わらず無愛想な受付嬢二人がペチャクチャと下らないお喋りの合間に適当な対応をしてきた。

「2時から吉田さんとお約束をした○社の長沼と申します。」

「あっ、は〜い。お待ちくださいね。」

本当に上辺だけの適当な対応だ。そして吉田さんが来るまでの時間も「ザイルで言ったら、私はマキダイかなぁ...」とか訳の分からない会話をしている。

マキダイ?.......好きな寿司ネタの話でもしているのだろうか。


嗚呼、まったくやってらんねぇ!

もうすぐ大阪で弾き語りライブだ。
VELTPUNCHの曲はもちろん、日頃からプライベートでアコギを弾きながらよく歌う大好きな曲もいっぱいやります。頑張ります!

そんな決意を胸に今日も仕事に励んだのだった。


 2013/9/23(mon/holiday)
@大阪 新町 cafe Room

意味がないという意味 大阪編

フクザワ×長沼秀典・ナカジマアイコ(VELTPUNCH)
フクザワ×root13. 
(※当日は長沼とナカジマのみの出演となりますが、VELTPUNCHの楽曲を中心に演奏する予定です。)
■open 18:30 / start 19:00  adv/door¥2500 【SOLD OUT!】

2013/10/9(wed)

@下北沢440

フクザワ企画 「無礼講」

フクザワ×長沼秀典・ナカジマアイコ(VELTPUNCH)
フクザワ×星羅 
(※当日は長沼とナカジマのみの出演となりますが、VELTPUNCHの楽曲を中心に演奏する予定です。)
■open 18:30 / start 19:00  adv¥2500 / door¥3000

2013/10/19(sat)

@新代田FEVER

cruyff in the bedroom 14th Anniversarry 
JESUS CRUYFF SUPER STAR/Sensitive Melody Disc Premium Match

VELTPUNCH
cruyff in the bedroom
FLUKE
HARISS
岩瀬敬吾
THE JUNEJULYAUGUST
■adv¥3000 door¥3500 (2DayPASS ¥5000) 

2013/10/27(sun)

@東高円寺二万電圧

VELTPUNCH企画「Noise for the underground vol.19」

VELTPUNCH
BP.
■open 18:00 / start 18:30  adv¥2800 door¥3300 【SOLD OUT!】

- | permalink | - | -

ライブ予定です!

久々にいっぱい予定が入っています!
お時間ある方は是非!

 2013/9/23(mon/holiday)
@大阪 新町 cafe Room

意味がないという意味 大阪編

フクザワ×長沼秀典・ナカジマアイコ(VELTPUNCH)
フクザワ×root13. 
(※当日は長沼とナカジマのみの出演となりますが、VELTPUNCHの楽曲を中心に演奏する予定です。)
■open 18:30 / start 19:00  adv/door¥2500 【SOLD OUT!】

2013/10/9(wed)

@下北沢440

フクザワ企画 「無礼講」

フクザワ×長沼秀典・ナカジマアイコ(VELTPUNCH)
フクザワ×星羅 
(※当日は長沼とナカジマのみの出演となりますが、VELTPUNCHの楽曲を中心に演奏する予定です。)
■open 18:30 / start 19:00  adv¥2500 / door¥3000

2013/10/19(sat)

@新代田FEVER

cruyff in the bedroom 14th Anniversarry 
JESUS CRUYFF SUPER STAR/Sensitive Melody Disc Premium Match

VELTPUNCH
cruyff in the bedroom
FLUKE
HARISS
岩瀬敬吾
THE JUNEJULYAUGUST
■adv¥3000 door¥3500 (2DayPASS ¥5000) 

2013/10/27(sun)

@東高円寺二万電圧

VELTPUNCH企画「Noise for the underground vol.19」

VELTPUNCH
BP.
■open 18:00 / start 18:30  adv¥2800 door¥3300 【SOLD OUT!】
続きを読む >>
- | permalink | - | -